洗顔料

バイキング店のアルバイト

まだ十代の頃、近所の食べ放題のお店でアルバイトをしていたことがありました。

 

自分が住んでいる場所では、こういったバイキング形式のお店はとても珍しかったので、平日でもかなり繁盛していたのを今でも覚えています。

 

バイキングのメニューは焼肉、お寿司、サラダといったもの。中でもデザートは種類を多くそろえていたので、女性やお子さんに人気がありました。

 

接客していて思ったのが、子供さんたちは本当に食欲のままに食べるということ。

 

大人になると健康やダイエットといった頃が気になって、自分の思うままに食べられることは少なくなりますね。その点子供さんにはそんな悩みは皆無だから、気持ち良いくらいに食べてくれるんです。そういうのはお店側として気分が前向きになれます。

 

よか石けん 激安

昨日の新聞のトップ記事を読んで驚きました。なんでも、国連内の気候変動に関する会議の中で「今世紀末までに温室ガスの排出をゼロにしないといけない」と書かれてありました。

 

 よく読むと、このままで行くとグリーンランドの氷が千年以上かけてすべて解けて、海水面が今より7メートル高くなるというようなすごいことになるのだそうです。また、このままで行けば今世紀末には平均気温が4.8度、海水面が82センチ上昇し、海水の酸性化が進むのだそうです。

 

 何だかSF映画のような話ですが、きちんとしたか意義で話し合われた予想であり、決して絵空事で終わる事ではないようです。

 

 もちろん今世紀末まで自分は生きてはいないでしょう。しかし、いきなり今世紀末に平均気温が4.8度上がるわけではないでしょう。これから今世紀末に向けて、少しずつ平均気温の高い日々が続くことになるのだから、決して「私達は死んでしまっていないから関係ないよ」とは言えないところが怖いです。

 

 今でさえ40度近い気温の夏が来ているというのに、さらに平均気温が上がれば夏はたまらなくなるだろうし、そのほかの季節もどんどん季節感を失っていくのでしょう。

 

 しかし、温室ガスの排出をゼロにするなどという事が本当に可能なのでしょうか。車は確かに「ハイブリッド」とか言ってそちらの方面が進んできているようです。

 

 でも、大きな工場や発電所などがすべてガスの排出をゼロにすることができるようにはどうも思えません。

 

 「超真夏日」や「超熱帯夜」の過ごし方を考える日々が来るのかもしれませんね。

 

敏感肌 洗顔料

 

続きを読む≫ 2014/11/21 15:51:21

急激に寒さを感じるようになったなと思った朝、カーテンを開けるとそこは真っ白な世界でした。

 

夜の間に雪が降ったようです。まだサラッと降っただけなので、車の通り道は解けていましたが、家々の屋根の上は真っ白です。

 

寒い寒い冬の始まりだけれど、この初雪の日は童心に戻りなぜかとてもドキドキワクワクしてしまいます。

 

実際は雪かきや、雪による交通渋滞、吹雪や寒さに悩まされることになるのですが。

 

それでも、子供の頃「雪だ!」と感激した気持ちがいまだに残っているのかもしれません。

 

実際、うちの子供たちも、「雪だ雪だ!」と、おおはしゃぎでした。

 

小さいうちは、雪による面倒なことを知らないし、雪だるまを作ったり、滑り台を作って滑ったり、雪合戦、ソリ、スキーなど、楽しいことがたくさん待っているからでしょう。

 

少し羨ましいです。

 

毛穴 黒ずみ 洗顔料
洗顔料

続きを読む≫ 2014/11/20 15:51:20